生殖内分泌研究室
慶應義塾大学医学部産婦人科学

研究室紹介

研究室について

生殖内分泌研究室について、研究、臨床からラボの雰囲気まで様々な角度からご紹介します。

  • 研究、臨床、業績からラボの雰囲気まで多方面からご紹介

  • メンバーにラボについて聞きました(準備中)

  • お問い合わせのあった内容を掲載しています(準備中)

  • 学会参加の様子や、なにげない日常をブログで綴っています

ラボの特徴

7つの大きな特徴と魅力

1. 幅広い研究内容

幅広い研究内容

当研究室では着床、子宮内膜、生殖免疫、メンタルヘルス、不育症などの研究を行っており、多岐に渡る分野を取り扱っています。それぞれが自分の興味を持った課題に取り組むことができています。


また臨床業務が基礎研究へとつながっていることも大きな特徴といます。日々医療の最前線で患者さんと向き合っている実体験が研究へとつながっていく。これは臨床の研究室ならではの特徴です。


豊富な題材

ラボには先輩たちから受け継いだ多くの研究材料があり、様々な選択肢の中から自分が興味を持つ題材を見つけることができます。歴史と実績のあるラボならではの利点です。


心強いサポート体制

研究室には経験豊富な先輩たちが在籍しており、心強いサポートをしています。

個々のやる気を尊重し、情熱を持って取り組む姿勢があれば、その熱意に向き合ってサポートしてくれる頼もしいスタッフが在籍しています。


➡より詳細な研究内容はこちら

特殊外来

臨床業務での大きな特徴は、特殊外来(専門外来)を受け持っている点です。専門的な知識と視点で患者さんと日々向き合っています。


  • ホルモン外来 :内田 浩、全オーベン

  • 不育症外来  :丸山 哲夫、内田明花、各務 真紀、全オーベン

  • 女性心身症外来:各務 真紀

数多くの受賞歴、業績

実際どれだけの研究成果をあげているかは業績の数を見れば一目瞭然です。

臨床系のラボでこれだけの業績数と受賞歴があることは珍しく、我々の誇りです。国内外での学会発表や、論文掲載の実績が多数あります。


➡受賞歴と業績一覧はこちら

丁寧なサポート

研究室に所属するうえで何よりも大きな財産となるのは、助けあえる仲間、情報を共有しあえる環境、困った時に頼れる先輩方との結びつきです。


このラボには様々な年代の個性豊かなメンバーが在籍し、信頼しあえる仲間と支えあいながら日々の臨床や研究に取り組むことができます、

ラボミーティング

週一回開かれているラボミーティングでは、ジャーナルクラブ、プログレスレポート、学会の予演会、分子生物学レクチャーなど、多岐にわたる情報を共有しています。毎回活発な議論が行われています。

何でも相談できる先輩の存在

先輩方はその豊富な経験で色々な角度からアドバイスをしてくれます。


時には厳しく、時には寄り添って熱心に指導してくれる頼りがいのある存在は、ふとした時にとてもありがたいものです。臨床、研究、時には進路のことなど、気兼ねなく相談することができる、心強い味方です。

高い学位取得率

生殖内分泌研究室の学位取得率は、92%!


多忙な業務の中で自ら時間を作り出し研究をすることは、決して生易しいものではありません。しかし、本人のやりたいという気持ちを尊重し、それを達成できるようにサポートしていく体制が、このラボにはあります。


この学位取得率は数字だけでは測ることが出来ない、努力の証です。

恵まれた研究環境

このラボはメンバーだけでなく、実験環境にもとても恵まれています。


産科では単独の実験室を保有しており、その中でのびのびと実験をすることが出来ます。多忙な臨床業務と研究活動を両立するのに最適です。

利便性が高い
  • 医局の目の前にある実験室

    産科医局の廊下を挟んだ真向かいが産科単独の実験室です。多忙な臨床業務の中でも実験しやすい環境が整っています。

  • 表札

圧巻の冷蔵、冷凍設備ときれいな実験室
  • 圧巻の冷蔵、冷凍設備

    前室。ずらっと並んだ冷蔵庫や冷凍庫。デリケートな研究資材を適温で保管することが可能。タンクの中身は液体窒素です。

  • 実験室

    きちんと整理された室内。P2レベルの実験が可能です。右手に見えている扉の向こうは動物室。

産科単独の動物室
  • 動物室

    ここで飼育から処置まで一貫して行うことができます。飼育管理も行き届き、研究者はもちろん動物たちにもよい環境が保たれています。

貴重な機器
  • IVIS Imaging System LUMINAⅡ

    生体内の目に見えない非常に微弱な発光や蛍光を超高感度冷却CCDカメラで捉え、定量化できる光 in vivo イメージングシステム。とても高価な機器で、単独の研究室にあることは珍しいです。

  • キーエンス社 蛍光顕微鏡

    生物顕微鏡の中のひとつで、蛍光タンパク質や蛍光抗体を標識に用いて、細胞やタンパク質を生きたままで観察できる顕微鏡です。とても精巧で、実験には欠かすことが出来ない機器です。

  • CO2インキュベーター5台(奥)

    5台のうち2台は低酸素実験もできます。

  • 安全キャビネット、クリーンベンチ

    P2管理された実験室でウィルス実験ができます。

  • リアルタイムPCR

    ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) による増幅を経時的(リアルタイム)に測定することで、増幅率に基づいて鋳型となるDNAの定量を行なう機器。プレート遠心機もすぐ隣にあるので、とっても効率的で便利。

  • 自動磁器細胞分離装置 AutoMACS Pro

    こちらも単独保有は珍しい機器。磁器ビーズによる細胞分離を自動でやってくれる、とっても便利な機械。

  • エッペンドルフ社 冷却遠心機

    超遠心機。その名の通り超!速いスピードで作動(なんと通常の遠心機の2倍!)してくれる優秀な遠心機です。

  • クライオスタット

    凍結切片を作ることができます。採取した細胞をすぐに薄切でき、その後の染色などの作業にすぐに移ることが可能。

グラント

研究は意欲だけでは始めることができません。研究資金を取得し、その資金で消耗品購入や機器の購入・メンテナンス、その他様々な研究環境を整えていきます。

ラボにはこれまで様々なグラントを獲得してきたメンバーが所属しているので、研究費取得の心得や具体的なアドバイスを受けることができます。

メンバーの声

準備中

Q&A

準備中

ラボ日記

KOMPASの慶應発サイエンスに記事が掲載されました。

2021-04-26

KOMPAS(慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト)の慶應発サイエンスに“光照射とゲノム編集で妊娠をピンポイントに調節することに成功”の記事が掲載されました。丸山先生と岡山大学の高尾知佳先生との共同研究になります。是非ご覧ください!

第73回日本産科婦人科学会にて片倉先生がJSOG Congress Encouragement Awardを受賞しました!

2021-04-26

4月22-25日に新潟とWEBのハイブリット開催された第73回日本産科婦人科学会へ参加し、片倉先生がJSOG Congress Encouragement Awardを受賞しました!


片倉先生コメント: 先日日本産婦人科学会でJSOG Congress Encouragement Awardを受賞しました!コロナ禍で規模を縮小したなかでの発表ではありましたが、本発表は大学院生活の成果でもあり、このような賞をいただけて本当に光栄で嬉しく思います。今後も精進して参ります!


★JSOG Congress Encouragement Award

Satomi Katakura, Tetsuo Maruyama, Toru Arase, Yushi Yoshimasa, Shoko Tomisao, Sayaka Uchda, Hirotaka Masuda, Hiroshi Uchida, Mamoru Tanaka, Daisuke Aoki; UDP-glucose, a celluar danger signal, promotes the invasion of human extravillous trophoblast cells via P2RY.


[招請講演:会長特別企画1/ Presidential Session 1 留学のすすめ] 丸山哲夫: 留学が教えてくれたこと

産科の論文掲示板が設置されました

2021-04-15

医局の向かいに論文掲示板が設置されました!ラボの最新発表論文も早速掲示されています。お立ち寄りの際にはご覧くださいませ。

春!桜満開

2021-03-26

学内の桜、満開です!

学内の桜が咲き始めました

2021-03-19

暖かい日が多くなり、学内の桜も咲き始めました。淡いピンク色とさくらんぼのような蕾がなんともかわいらしいです。春ですね。

クライオスタット、オートクレーブが新しくなりました

2021-01-05

長年大事に使っていた実験機器がついに寿命を迎えたため(お疲れ様でした、今までありがとう!)買い替えが行われました。


★クライオスタット LEICA/ CM1860UV

★オートクレーブ TOMY/ LSX-500

ピカピカの機器はわくわくしますね!またここから沢山の実験結果が出ることを期待しながら、大切に使用してきたいと思います。

Reproductive Sciencesに論文がacceptされました

2021-02-23

論文がacceptされました

Yoshimasa Y, Maruyama T*; Bioengineering of the Uterus. Reprod Sci. 2021; in press.

業績一覧はこちら

Antioxidantsに論文がacceptされました

2021-01-08

論文がacceptされました

Kida N, Matsuo Y, Hashimoto Y, Nishi K, Tsuzuki-Nakao T, Bono H, Maruyama T, Hirotaka K*, Okada H: Cigarette Smoke Extract Activates Hypoxia-Inducible Factors in a Reactive Oxygen Species-Dependent Manner in Stroma Cells from Human Endometrium. Antioxidants (Basel). 2021; 10(1): E48.

業績一覧はこちら

2021年明けました

2021-01-05

2021年明けました!

皆様年末年始はいかがお過ごしでいらっしゃいましたか?

まだまだ大変な状況が続いていますが、今年は誰もが心穏やかに過ごせる年となりますように

本年も宜しくお願い申し上げます

認定医取得ラッシュ!

2020-12-25

メリークリスマス★皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

ラボでは吉政先生(大学院生)の認定医取得ラッシュが止まりません!


・日本内視鏡外科学会技術認定医(産科婦人科)

・日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医

・がん治療認定医


すごいすごいすごい!素晴らしいです、おめでとうございます!

ちなみに今日は学位審査もありました。臨床の技術を高めて勉学にも励む吉政先生の活躍ぶりから今後も目が離せません!

プレスリリース

2020-11-04

研究成果がプレスリリースされました!慶應義塾大学、岡山大学、東京大学による共同研究で、青色 LEDによる青色光の照射とゲノム編集を組み合わせることでマウスの妊娠(着床)をピンポイントに調節することに成功したという内容です。


原論文:2020年11月2日(米国東部時間)米国科学アカデミー紀要『Proceedings of the National Academy of Sciences』オンライン版に掲載


"Optogenetic regulation of embryo implantation in mice using photoactivatable CRISPR/Cas9" (和文タイトル:光応答性 CRISPR/Cas9 を用いた光遺伝操作によるマウス胚着床現象の制御)


プレスリリース記事はこちら

米国科学アカデミー紀要 PNAS へ論文を掲載!

2020-11-04

PNAS: Proceedings of the National Academy of Sciences of the United Stats of America (米国科学アカデミー紀要)に論文が掲載されました!


PNASは世界で最も引用の多い総合科学誌のひとつで、最先端の研究、ニュース、コメンタリー、レビュー等を掲載しています。嬉しい!!


Takao T, Sato M, Maruyama T*: Optogenetic regulation of embryo implantation in mice using photoactivatable CRISPR-Cas9. Proc Natl Acad Sci U S A. 2020; in press.


PNAS掲載ページはこちら

PubMed掲載ページはこちら

クリンタルに丸山先生の記事が掲載されました

2020-03-13

名医を本気で探している人のための医師検索サイト、クリンタルに不妊治療(体外受精/顕微授精) の名医として丸山先生の記事が掲載されました!


産婦人科医を志すきっかけ、治療、研究のこと、患者さんへの思い、そして今後の展望まで色々な視点から書かれています。ぜひご覧ください!


クリンタルの記事はこちら

キーエンス社による説明会

2020-03-10

今日は産科実験室内にあるキーエンス顕微鏡の説明会が行われました。

先日新しいソフトをいれたのでその勉強会です。メーカーのフォローアップもしっかりしているので、購入した後も機器を有効に利用できます。

今年も梅の花が咲きました

2020-02-12

今年も学内の梅の花が咲きました!

まだまだ寒いですが、これを見つけると春が待ち遠しくなります。

学術奨励賞受賞!第24回日本生殖内分泌学会にて

2020-01-12

第24回日本生殖内分泌学会が1月11-12日に東京にて行われました。

そして!高尾知佳さんが学術奨励賞を受賞致しました!


高尾知佳ほか “光応答性CRISPR/CAS9システムを用いたマウス子宮における胚着床のin vivo制御”

2020年明けました!!

2020-01-06

2020年 明けました!!

今年はついに東京オリンピック開幕!そして慶應病院も100周年を迎えるということで、色々とプレミアムな一年になる予感です。研究室としてもいい年にしたいですね!皆様にとっても良い一年になりますように☆


本年も宜しくお願い申し上げます。

忘年会

2019-12-23

研究室の忘年会が行われました。普段は多忙でなかなか顔を合わせることができないメンバーも集まり、和やかに今年1年を振り返りながら語り合いました。

紅葉と新国立競技場

2019-12-12

学内から見た新国立競技場。イチョウの黄色がとても美しかったのでパシャリ📷

第42回日本分子生物学会

2019-12-07

第42回日本分子生物学会が2019年12月3-6日に福岡にて開催され、ラボメンバーが発表を行いました。

高尾知佳ほか “光応答性CRISPR/CAS9システムによるマウス生殖能のin vivo制御”

升田博隆ほか “上皮間葉転換をターゲットとした子宮内膜症の新規治療戦略”

送別会

2019-11-18

ラボメンバーの送別会を行いました。これまでお世話になった感謝を伝えて、穏やかな良い会となりました。また機会があれば研究室にいらしてくださいね!

第64回日本人類遺伝学会、第64回日本生殖医学会

2019-11-12

11月6-9日に長崎にて開催された第64回日本人類遺伝学会、11月7-8日に神戸にて開催された第64回日本生殖医学会へ参加し、発表を行いました。

▶第64回日本人類遺伝学会

片倉慧美ほか "当院不育症外来における流産関連染色体構造異常症例の検討."

▶第64回日本生殖医学会

高尾知佳ほか "光応答性ゲノム編集を用いた生殖関連遺伝子発現と生殖機能のin vivo制御システムの構築"

富里祥子ほか "当院における抗リン脂質抗体陽性不育症患者の周産期予後の検討."

片倉慧美ほか "当院不育症外来における原発性原因不明習慣流産 (Primary unexplained recurrent pregnancy loss, puRPL)に対する抗血栓療法の検討."

第92回日本内分泌学会

2019-5-12

5月9-11日に仙台にて開催された第92回日本内分泌学会へ参加し、発表を行いました。

宮崎薫ほか "WNT/CTNNB1経路を利用したヒトiPS細胞の子宮内膜間質細胞への分化方法の開発."

※若手臨床内分泌育成委員会企画Clinical Endocrionology KO Rounds ←優秀演題の証し!

第71回日本産科婦人科学会

2019-4-14

名古屋にて行われた第71回日本産科婦人科学会へ参加し、発表を行いました。

そしてなんと!!高得点日本語演題に選ばれました!!!素晴らしい!!!

【高得点日本語演題受賞】高尾知佳ほか "光応答性CRISPR/CAS9システムによる生殖能のin vivo制御"

丸山哲夫(イブニングセミナー)"子宮肉腫の画像診断Up Tp Date"

升田博隆(シンポジウム)"子宮内膜幹細胞と上皮間葉転換をターゲットとした子宮内膜症新規治療による妊孕性改善と生児獲得への戦略"

丸山哲夫ほか "Identification of candidate drugs targeting human endometrial cancer stem cells"

三木史恵ほか "Influence of the orientation of a decellularized uterine scaffold on the tissue topology and architecture of the regenerated uterus in rats"

宮崎薫ほか "Role of WNT/CTNNB1 pathway in differentiation of human induced pluripotent stem cells to endometrial stromal fibroblasts"

第18回日本再生医療学会

2019-3-23

神戸にて行われた第18回日本再生医療学会へ参加し、発表を行いました。

ポスターティーザーに選ばれた演題です!

"ヒトiPS細胞からの子宮内膜間質細胞の誘導と分化過程におけるWNT/CTNNB1経路の役割."

送別会

2019-3-18

本日は3月で慶應を去る方の送別会でした。和やかな雰囲気でとてもよい会になりました。新天地でのご活躍をお祈りしております!

SRI2019への参加

2019-3-17

フランスのパリにてSociety Reproductive Investigation 66th Annual Scientific Meeting (SRI2019)が開催され、ラボからもメンバーが参加し、発表を行いました。

タイトル:P2Y14 is involved in the migration and invasion of human extravillous trophoblast.

予演会:日本産科婦人科学会

2019-3-11

ラボミーティングで、4月に開催される日本産科婦人科学会の予演会をしました。

口演とポスター発表と盛りだくさん!より良い発表になるよう、皆で意見を出し合います。

リサーチカンファレンス

2019-2-26

本日は大学院生のリサーチカンファレンスが行われました。

大学院での研究成果を産婦人科全員に向けて発表する機会をいただきました。研腫瘍を研究する先生方からも多く質問やアドバイスを頂戴し、大変勉強になりました。これを元にまた研究をすすめていきます。(発表者)

ラボミーティング

2019-2-25

Implantation initiation of self-assembled embryo- like structures generated using three types of mouse blastocyst-derived stem cellsという論文のジャーナルクラブを行いました。スタッフの先生方から活発な議論をいただきました。(発表者)

第4回 内分泌アゴラ

2019-2-13

第4回内分泌アゴラへ参加しました。今回は内田明花先生が“甲状腺機能異常と不育症”というテーマで発表を行いました。

不妊症/不育症の診療で気になっている点、ガイドラインを読んでも分からない点を率直にお話ししましたが、伊藤病院の吉村先生がその後の特別講演で明快にお答えくださり、大変勉強になりました。産婦人科、特に生殖医療は他科と連携する機会が少ないですが、女性のホルモンバランスの重要な部分を担っている立場を忘れず日頃の診療にあたろう、と気持ちを新たにする大変良い機会となりました。(内田明花)

梅の花が咲きました!

2019-2-8

学内の梅の花が咲いていました!昨日少し暖かかったからでしょうか、濃いピンクがとってもかわいい♡今日もまた風が寒いですが、春は近づいているんですね

スタッフの実験の様子

2019-2-7

本日はスタッフの先生の実験姿を激写!

スタッフの先生も自ら手を動かして実験しているんですよ~

写真左→ヒト子宮内膜細胞の初代培養

写真右→それを観察している様子

多忙な業務の中で研究に打ち込まれる姿、ステキです!

予演会:産科リサカン

2019-2-4

本日は産婦人科リサーチカンファレンスの予演会です。

何度も見ていただいている内容ですが、プレゼンの仕方や見せ方なども色々とご指摘があり、ブラッシュアップしていただきました。本番頑張ります。(発表者)

産科リサカン:帰朝発表

2019-1-22

本日は産科リサカンで帰朝発表がありました。発表者は現在荻窪病院に勤務されているラボのメンバーです。

発表内容は“ヒトiPS細胞から子宮内膜間質細胞を分化させる方法の開発について”。

アメリカのノースウェスタン大学に留学されていた間に行っていた上記の研究の報告と、留学生活の様子を発表。研究発表のスライドの間にたまに入る海外生活を満喫された楽しげな写真が興味深く、羨ましかったです。1時間ほどの発表でしたが、充実した留学生活を送っていた様子がとてもよく伝わってきました。

質疑応答の時間にはラボメンバーを始めとして活発な議論が繰り広げられていましたよ!カンファレンスが終わった後も談義は尽きないィー!(写真右下)

産科の皆様に、留学中の仕事内容をご報告でき、また色々とアドバイスを頂けたことが有意義でした。(発表者)

予演会:学位審査

2019-1-21

学位審査が近いので、臨時のラボミーティングが開かれ、予演会を行いました。

脱細胞化と子宮再生についての内容で、皆さんから活発なご意見をいただき、大変参考になりました。(発表者)

春待ち

2019-1-17

毎日とっても寒いですが、学内の梅の蕾がもう膨らみ始めていました🌸春が待ち遠しくなりますね

ラボミーティング

2019-1-7

共同研究の進捗報告を行いました大学院生からの質問も多く飛び交い、「研究」への理解が高まっていること、さらに研究者としての成長が感じられる報告会だったと思います。(発表者)

2019年仕事始めです!!

2019-1-7

2019年仕事始めです!!

今年はお休みがいい感じにくっついて、当大学では例年より少しゆっくりできる年末年始になりました^^皆様はどのような年末年始をお過ごしになりましたか?

というわけで!今年も良い1年になりますように!!

本年も宜しくお願い申し上げます。

今年最初の写真は病院入り口のお正月飾り&2019年始めの富士山です!快晴☀

2018年仕事納めです!

2018-12-29

2018年仕事納め、最終日です!!!早い(゜゜)毎年感じていますが今年は特に早い気がします。

気づけばHPを始めてから1年が過ぎまして・・・つたないながらも皆様に少しでもラボでの様子や魅力がお伝えできればと思って続けて参りました。他大学からの問い合わせがあったりなど、少しは機能しているのかななどと思っております。来年ももっともっとラボの良さが伝わるように続けていく所存ですので、引き続き宜しくお願い申し上げます!

見学のご希望や、共同研究のお誘い、その他ラボに関すること等々。気軽にお問い合わせフォームからいただけますと嬉しいです☆

それでは皆様、良いお年を~~~~~~ヾ(´∇`)ノ゙

今年最後の1枚は・・・

2018年最後の夕暮れに染まる新国立競技場と富士山

第23回 日本生殖内分泌学会

2018-12-15

第23回日本生殖内分泌学会が福岡にて開催され、ラボから数人の先生が参加し、発表を行いました。

升田博隆:ワークショップ 「子宮内膜幹細胞と上皮間葉転換をターゲットとした非内分泌的な子宮内膜症の新規治療」

高尾知佳:「ヒト子宮平滑筋細胞に対する子宮筋腫関連遺伝子MED12の変異導入による機能的病因解析」

他大学からのラボ見学

2018-12-13

本日は、他大学の研修医の先生から“ラボ見学をしたい”という申し出を頂き、慶應&ラボ見学を行いました!

生殖の研究も臨床も興味がある意識高い方々でした。

ラボ内の案内や当ラボを中心としてそれぞれの研究室の大まかな研究内容、慶應の教育システムについてご案内しました。その後はお昼に丸山先生と今後の生殖医療のあり方や研究について熱くディスカッションしました。(案内者)

研修医の先生方の今後の選択肢の一つとして参考になっていれば幸いです^^(もちろんラボ入室もカモ~ンです☆)

当ラボにご興味がおありになる方は、お問い合わせフォームよりご連絡をお待ちいたしております。

忘年会

2018-12-10

本日はラボの忘年会でした!現メンバーに加え、OB、OGの先生方も集まって、ひと時の和やかな会が行われました。美味しい料理と気兼ねない仲間達との時間はあっという間。今年もお疲れさまでした!!

外苑のイチョウ並木

2018-12-6

お昼にちょっと足をのばして、外苑のイチョウ並木を見にいって参りました!ドラマやMVなどのロケ地として沢山使われている外苑のイチョウ並木。医学部からは歩いて行かれちゃいます👣今日は暑いくらいの暖かな陽気で、青空とイチョウがとってもきれいでした!家族連れや外国人など、多くの人が黄金の絨毯を歩きながら思い思いに紅葉を楽しんでいました

ラボミーティング

2018-12-3

今年最後のラボミーティングは、ジャーナルクラブ。“Aquaporin-3 mediates ovarian steroid hormone-induced motility of endometrial epithelial cells”を取り上げました。諸先生方から今後の参考になるご意見をいただきました。(発表者)

そしてミーティングのお供には、先日の分子生物学会(横浜)土産、ありあけのハーバーです!

第41回 日本分子生物学会

2018-11-30

第41回日本分子生物学会が横浜にて行われ発表を行いました。

高尾知佳:子宮体癌細胞の幹様細胞とそれを治療標的とする既存薬の探索

産科リサーチカンファレンス(片倉先生)

2018-11-27

今日は、産科のリサーチカンファレンスで、大学院生活で胎盤・繊毛に関して研究してきたことの総まとめの報告を行いました。

司会が同期の先生であったこともあり、同期ならではの視点から先生がラボでどのように生活してきたかをプレゼンしていました。

今後の方針などについて他の班の先生方からも色々有用なアドバイスを頂きました。(発表者)

ラボミーティング

2018-11-26

ラボミーティングは吉政先生の担当で、前回から引き続き光遺伝学のテーマのプログレスレポート(annual report)でした。

夕暮れ時の富士山

2018-11-15

夕暮れ時の富士山がとてもきれいだったのでパシャリ。ラボのある廊下から見える景色です🗻

予演会:産科リサカン

2018-11-12

本日のラボミーティングは産科リサーチカンファレンスの予演会で、今までの研究結果をまとめた発表を見ていただきました。研究内容だけでなくプレゼンのしかた・見せかたについても大変ありがたいアドバイスをたくさんいただきました。(発表者)

そしておやつは日本女性医学学会のお土産で岐阜の若あゆ!!

ラボミーティング

2018-11-5

11月最初のプログレスレポート。「正常子宮平滑筋細胞に対するMED12変異導入による機能的病因解析」でした。終始和やかな雰囲気でした。片倉先生の研究の話にもなり、スタッフの先生方から論文の書き方などのレクチャーを受けられていました。(発表者)

また週末に第33回日本女性医学学会(岐阜)があり、ラボからも先生方が参加しました。お土産もあり、本日は“献上カステラ”。何でも戦国時代、宣教師ルイス・フロイスが織田信長に献上したといわれのあるカステラ。たっぷりとついたザラメに濃厚な卵の香りがとっても美味しいカステラでした!

美味しさのあまり✌

最後の水明亭

2018-10-30

信濃町の隠れた名店「水明亭」が10月いっぱいで閉店になるということで最後に食べ納めに行って来ました!

医学部から歩いてすぐのところにある水明亭は創業60年という老舗で、近くには国立競技場や神宮球場があることもあり、店内には野球選手や芸能人のサインが沢山!長年多くのファンに愛されてきたお店であることがうかがえます。歴史を感じる庶民的な店内で、三角巾と真っ赤なエプロンでせわしなく働くおばちゃん達。気取らずに行かれる食堂です。

営業日を残り2日とした本日も大盛況。選んだのは一番人気のちゃんぽん!ほかの人も圧倒的にちゃんぽんを食べている方が多かったです。さっぱりスープにこれでもかと盛られた野菜と食べ応えのある太麺。美味しくいただきました。2020年の東京オリンピックに向けて町が変わっていく様を感じました。ごちそう様でした。

ラボミーティング

2018-10-29

本日はジャーナルクラブ。「Generation of human oogonia from induced pluripotent stem cells in vitro」を取り上げました。お茶菓子はハロウィンを意識して🎃

ラボミーティング

2018-10-15

本日のプログレスレポートは片倉先生。前回に引き続き、内容は胎盤の研究についての進捗状況を発表し、色々指摘やアドバイスを受けていました。

ラボミーティング

2018-10-01

10月最初のプログレスレポート。前回に引き続き、クリスパーキャスナインシステムの遺伝子導入について実験について報告を行いました。

ラボミーティング

2018-9-3

9月最初のプログレスレポート。「子宮内膜症治療薬剤スクリーニングに向けた実験システム化の作製」について報告を行いました。

予演会(産科全体):日本生殖医学会

2018-8-20

本日は日本生殖医学会の産科全体での予演会でした。本番さながら大勢の先生たちの前で発表をしました。

予演会(ラボ):日本生殖医学会

2018-8-20

本日は9月に旭川で開催される、日本生殖医学会の予演会でした発表時間もはかりながら丁寧に行われました。

ラボミーティング

2018-8-6

本日は、脳外科の先生がプレゼンにいらしてくださいました。「悪性神経膠腫に対するヒトiPS細胞を用いた自殺遺伝子細胞療法について」ラボのIVIS機器を使用されていましたので、その経過報告をしてくださいました。他科の研究内容を聞くことができてまた勉強になりました。

そして今日はお菓子がたくさん~☆先日の内視鏡学会(鳥取)などです。中でも・・・見てください!ひょっとこ饅頭!すごくかわいい~(*><*)たくさんいるとさらにかわいい・・・

日本産科婦人科内視鏡学会へ参加

2018-8-4

第58回日本産科婦人科内視鏡学会が島根にて行われ、発表やセミナー、座長など沢山の場面でラボメンバーが活躍しました。

丸山哲夫:一般口演「子宮内膜症」座長

升田博隆:ハンズオンセミナー「Hysterosocopy Master Class」、日本子宮胸研究会ハンズオンセミナー「子宮鏡に親しむ」、一般口演「手術手技・LM③」座長

富里祥子:発表「胎盤ポリープ・胎盤遺残に対して子宮鏡下手術で妊孕性温存を図った不育症患者の3例」(写真)

ラボミーティング

2018-7-30

お誕生日をラボメンバーでお祝い!これからもお元気でラボを引っ張って行ってくださいませ☆

その後はプログレスレポート。先ほどのムードとは一転。引き締まった空気の中進められました。この切り替えの早さもラボの魅力です!

クリスパーキャスナインシステムの遺伝子導入について実験の進捗が芳しくないので困っていたところ、先輩方から色々とアドバイスをいただくことができて大変参考になり、助かりました。(発表者)

招聘セミナー(金沢大学:藤原 浩教授)

2018-7-9

本日のラボミーティングでは、金沢大学 産科婦人科学教室の藤原浩教授をお招きして、セミナーを開催しました。タイトルは「胎盤形成機構の解析」。藤原先生のアグレッシブで熱意のあるお話ぶりに、セミナーの雰囲気が変わります。お話しの途中でもメンバーから質問が次々と飛び交い、藤原先生もひとつひとつ丁寧に回答して下さり・・・。とても活気のあるセミナーとなりました。時間が足りないと感じられたほどです。

そしてセミナーの余韻を残したまま会食へ。ここでも藤原先生の楽しいお話でとても充実した時間を過ごさせて頂きました。

ラボミーティング

2018-7-3

本日のラボミーティングはプログレスレポート。「光応答性CAS9システムを用いた脱落膜化阻害マウスモデルの作成」のテーマで発表を行いました。

そして本日も美味しい差し入れが。聖護院の生八つ橋は苺味が変わり種で、男女問わず人気がありました!また先日の教室旅行(箱根)のお土産で甘夏ゼリーも頂戴いたしました。冷たく冷えていてこの暑さの中美味しいッ!思わず写真を撮る前に頬張ってしまい空袋の写真に・・・ごちそうさまでした(´~`)モグモグ☆

とある日のラボ風景より

2018-6-29

実験室にて。細胞の免疫染色をしています。

履修審査予演会

2018-6-25

本日のラボミーティングでは、履修審査予演会が行われました。履修審査とは学位審査の前に行われる審査なのですが、その練習です。胎盤・絨毛の機能について発表を行いました。

また本日はお土産のお菓子がたくさん! ISSCRメルボルン出張のチョコレート&山梨出張の信玄餅☆おいしくいただきました~^^

ISSCR2018(メルボルン)へ参加

2018-6-23

International Society for Stem Cell Research (ISSCR):世界幹細胞研究会がオーストラリアのメルボルンにて開催され、ラボからは丸山先生と升田先生が参加しました。

発表演題は "Attempts to establish screening system for identification of drugs targeting human uterine endometrial cancer stem-like cells"

また、学会期間中には周産期班の先生方や他大学の先生たちの交流もあり、充実した出張となりました。

山梨大学にてセミナー

2018-6-22

山梨大学にてセミナーをした様子を、レポートしていただきました↓↓

「子宮と子宮内膜症」というテーマで講義と研究紹介という形でセミナーをさせていただきました。

山梨大学生命環境学部生命工学科の中で、動物発生・細胞培養工学分野の教員の先生を始め、研究を始めた学部4年生や、修士の学生さんの講義の一環にもなっていたようです。(30-40名ほどおられました)1時間ほどのセミナーでしたが、着床前までの研究をされている教員の先生を始め学生さんからも質問を頂き、わずかばかりですが子宮や子宮内膜症について、また丸山研の研究についても興味を持っていただけたと思い、とても有意義なセミナーでした。

また 動物発生・細胞培養工学分野の研究室も見学させていただき、一部屋貸切るマニピュレーター室があったりととても圧倒されました。顕微鏡類も多く準備され、全てがそろっていました。またセミナーに呼んでいただいた岸上先生の研究室の学生さんたちと夕食会をご一緒して学生さん達のキャリア形成などのお話をしたりととても楽しい時間でした。(発表者)

とっても可愛らしいお客様

2018-6-21

本日はとってもとってもとってもとっても可愛らしいお客様が来てくれました。先生の赤ちゃんです(*^^*)

実験をされている間お預かりしていたのですが、とってもおりこうさんでかわいくて・・・天使ちゃんでした☆

出産や子育てをしながらも診療や研究を頑張っていらっしゃる先生方の姿は本当に尊敬致します。このように当ラボには出産後も活躍されている女性の先生方が沢山いらっしゃるんです。

これからもすくすくとご成長されることを願っております^^

産婦人科学教室説明会(8/25)のポスター

2018-6-18

医局前の廊下に、来る8月25日に行われる、来年度の新入局者対象の産婦人科学教室説明会のポスターが掲示されていました。

これを作成したのは何を隠そう・・・当ラボの内田浩先生なのです!!(`・∀・´)エッヘン!!

内田先生はこういうデザインやレイアウト系のことがとても得意で、いつも色々とこだわりの詰まったものを作られています。

関連病院の方で産婦人科専攻をご希望の臨床研修医の方が対象ですので、ご興味がありましたら是非☆当ラボにご興味がある方もぜひぜひ~☺

新病院棟ツアー

2018-6-12

丸山先生に連れられて、5月7日にNEWオープンした新病院棟のツアーに行ってまいりました!

産科外来・生殖外来、病棟、オペ室までくまなく案内していただきました。やはり新しいだけあって、天井が高くてどこもとても明るくてきれい。外来と病棟もとてもきれいで、ピンク色の可愛らしい壁紙が印象的な明るい印象のある造りでした。

研究棟の方にいるとなかなか臨床の裏側を見ることはないので、貴重な経験でした。最後に記念にパシャリ📷☆

ラボミーティング

2018-6-4

本日のラボミーティングプログレスレポート。「METモデル開発の試み」というタイトルで、上皮プロモータを用いた可視化システムを用いた研究について発表を行いました。

留学先から久々の来室

2018-5-29

現在、ノースウェスタン大学に留学中の先生がいらっしゃいました!久しぶりにお目にかかりましたが、とてもお元気そうで何よりです。研究の打ち合わせを行い、つかの間の時間を過ごされました。新病院の会議室での面談でしたが、きれいなところですね、先生も新しい施設に関心していました。

第36回東京母性衛生学会へ参加

2018-5-20

先週予演会を行った第36回東京母性衛生学会が行われました。今回の学会テーマは“周産期における良質なケアの提供を目指して”。内田先生はランチタイムセミナーにて“あしたの母性のために”の講演をしました。

第11回六甲産婦人科疾患研究会

2018-5-17

第11回六甲産婦人科疾患研究会が兵庫県西宮市にて行われ、丸山先生が “子宮内膜症の謎と不思議に迫る ~発症メカニズムから治療戦略へ~ ” のタイトルで特別講演を行いました。

予演会:東京母性衛生学会

2018-5-14

本日は東京母性衛生学会の予演会が行われました。先日の日産婦のお土産 “仙台銘菓 伊達絵巻” を頂戴し、それを頂きながらとなりました。クリームと餡子の2種類があったのですが、どちらでも~という方はいなくて、皆さんハッキリ好みが分かれているようでした。ごちそうさまでした!

第70回日本産科婦人科学会(仙台)へ参加

2018-5-10

予演会を通じ発表の準備をしてきた第70回日本産科婦人科学会が5月10-13日の日程で仙台にて開催されました。当ラボからは丸山先生の座長と複数の演題を発表し、充実した学会となりました。

丸山哲夫:「不育症」の座長

升田博隆:International Session Workshopにて "A novel approach to treat endometriosis via targeting epithelial-mesenchymal transition"

升田博隆:ランチョンセミナー "生殖医療と鏡視下手術"

片倉慧美:ポスター発表 "Extravillous trophoblastの新しいマーカーとしてのG蛋白共役型受容体P2RY14とその細胞浸潤における役割"

高尾知佳:ポスター発表 "CRISPR/CAS9システムによりMED12変異を導入したヒト子宮筋腫モデルの開発の試み"

予演会(産婦人科全体2回目):日本産科婦人科学会

2018-4-24

先週に引き続き、産婦人科全体の予演会2回目が行われました。本日はオーラルの発表です。大人数の聴衆の前で発表の練習ができることは貴重です。学会当日はすべての先生の発表を聞くことは難しいので、他の分野や先輩の発表をじっくり見られることは勉強にもなります。

予演会(産婦人科全体1回目):日本産科婦人科学会

2018-4-17

本日は先日ラボで行われた予演会に引き続き、産婦人科全体の予演会が行われました。実はこの前に産科の予演会もあったんです。本番に向けて計3回もの予演会が開催されます。

様々な人の目に触れることで、自分が見落としていたり気づかなかった点を指摘してもらい、より遂行された発表内容に仕上げていきます。

広い会議室には本番さながら、壁一面にポスターが貼られ、その前で発表します。本日はポスター発表が行われました。

とある日のラボ風景より

2018-4-13

実験室にて。リアルPCRタイム解析の準備中です。

予演会(ラボ):日本産科婦人科学会

2018-4-9

本日は5月に仙台で開催される、日本産科婦人科学会の予演会が行われました。オーラル発表とポスター発表の様子です。丁寧な議論が行われました。

ラボミーティング

2018-4-3

新年度最初のラボミーティングはプログレスレポート。前回に引き続き、胎盤・絨毛の機能について調べていることを発表しました。

桜✿満開!

2018-3-26

慶應病院入り口の桜です。今年も満開になりました!春ですね!!昔ながらのソメイヨシノで、淡くて儚げな様子がとってもきれいです。

ラボミーティング

2018-3-26

本日のラボミーティングはジャーナルクラブ。英文論文 “Generation of Optogenetically Modified Adenovirus Vector for Spatiotemporally Controllable Gene Therapy” を用いて 改良型アデノウイルスベクターを利用した光応答性CRISPR/Cas9システムによる悪性腫瘍治療戦略 について発表しました。

今日は春らしくて可愛らしい和菓子を頂戴したので、お茶と一緒に美味しくいただきました♡

ラボミーティング

2018-3-19

本日のラボミーティングはプログレスレポート。

光応答性Cas9システムを用いたマウスモデルの構築の報告が行われました。

第8回産婦人科スプリング・フォーラムへ参加

2018-3-10

第8回産婦人科スプリング・フォーラムが3月10-11日に兵庫県淡路市にて開催されました。ラボからは内田浩先生と瀬田先生が参加。

卒後6年目~の産婦人科医が参加し、幅広い年代と様々なバックグラウンドを持つ医師が集まりワークショップやディスカッションが行われました。

※画像はお借りしました

とある日のラボ風景より

2018-3-8

ある日、実験室をのぞいてみたら・・・

おッ!大学院生の先生が本格的に実験を始めたようです。頑張ってください!

国際学会SRI2018(サンディエゴ)へ参加

2018-3-8

65th Annual Meeting of the Society for Reproductive Investigation (SRI2018)が3月6-10日にアメリカのサンディエゴにて開催されました。

ラボからは丸山先生と升田先生が参加。発表演題は “Role of WNT/CTNNB1 pathway in differentiation of human induced pluripotent stem cells to endometrial stroma-like cells"

現地では現在Northwestern Universityへ留学中の宮崎先生とも久々に再会し、有意義な時間を過ごしました。

送別会&壮行会

2018-3-5

送別会と壮行会を行いました。和気あいあいとした楽しい会!明るい笑顔がステキな先生だったのでとても寂しくなりますが、お元気でご活躍を願っております。

クルズス風景

2018-2-27

丸山先生のクルズス風景です。テーマは “早発卵巣不全の管理と不妊治療~待つか攻めるか~”。

受講していたのは他大学の学生さんで 所属大学の3ヶ月間好きなところで臨床実習をすることが出来るシステムを利用して講義を受けているとのことでした。熱心な学生さんを相手に先生の言葉にも熱が入ります。

ラボミーティング、内分泌アゴラ

2018-2-19

本日のラボミーティングは、着床のメカニズムについてのプログレスレポート。出席の先生方からは今後の方向性につき貴重な意見が出ました。

ミーティングの後は、丸山先生が世話人を務める内分泌アゴラに出席。

他科の症例報告や他大学の先生の講演などを聞き情報収集を行いました。

気軽に相談できる先輩方

2018-2-13

つかの間の休憩時間。和やかな時間を過ごしていると思っていたら・・・いつの間にか研究の相談が始まりました。何気ないいつもの風景ですが、気兼ねなく相談できる先輩の存在は大切ですね。

ラボミーティング

2018-2-5

胎盤・絨毛の機能について調べていることを発表しました。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

2018-1-31

何やら珍しい月が見えるということなので見にいってみました。東京からも綺麗に見えましたね!れにしても長い名前だなと思い、調べてみると・・・

月が地球に接近した際に見える月は「スーパームーン」

1カ月に2回満月になる現象は「ブルームーン」

さらに皆既月食で月の表面が赤っぽく見えることから「ブラッドムーン」

今回は3つが同時に起きるので「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

(・0・。) ナルホド とっても神秘的でした☽

大雪⛄

2018-1-22

こんなに降ったのはかなり久しぶりだったような気がします。学内もすっかり雪景色になっていました。

ラボミーティング

2018-1-15

今年最初のラボミーティングは、ジャーナルクラブ。テーマは『妊娠と着床のメカニズムの解明 ~miR200/ZEB1と着床~』

2018年 あけましておめでとうございます!

2018-1-5

本日!仕事始めです!!2018年・・・平成30年ですね、始まりました!病院の入り口にも門松が飾ってあります。周りは皆さん年末年始体調崩された人が多いようです。まだまだ寒いので皆様体調にはお気をつけて・・・

今年もワン🐶ダフルな一年になるといいですね!本年も生殖内分泌研究室を宜しくお願い申し上げます♡

今年も一年お世話になりました

2017-12-29

本日、仕事納めです。毎年あっという間ですね!医学部への人の出入りも少なく、とても静かです。

今年もラボには新しいメンバーが入室したり、嬉しい年でした! 来年もまた、良い年になりますように・・・よいお年を!

今年の忘年会はクリスマス🎄

2017-12-25

今年の丸山研忘年会はなんとクリスマス当日!ということで、イベント感も満載な会になりました。つかの間の仲間とのひと時 今年も無事に一年を締めくくることができました

このラボで よかった♡

デビューしました!

2017-12-19

研究室ホームページデビューいたしました!

ラボに関する情報を発信していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します♡